お金儲け、借金、副業、在宅ワークなどなどお金にまつわるまとめ

金銀財報( ゚∀゚)つ⑩
http://kinginzainews.jp/  presented by kinginzainews

プロフィール


kinginzainews

Author:kinginzainews
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ


最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新記事



人気記事



話題の記事

|最新|

クレジットカードよりデビットカードが最強な件

2017/05/13 18:01|未分類CM:0
1 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします

https://www.j-cast.com/kaisha/2017/05/04297147.html
デビットカードの利用増える 2016年の決済件数は38%増

2017/5/ 4 14:26
日本銀行が2017年5月1日に公表した調査結果によると、2016年度にデビットカードを使った決済件数は前年度比38%増の推計1億756万件。決済金額は8921億円で15%増えた。

クレカは借金カードだからな



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494118024/0'>引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494118024/0
2 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
お店にとっても直ぐに入金されて良い事づくめ!
5 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
クレジットカード会社がボリすぎだよね。
6 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
それお前がクレカ契約できる程の信用無いからデビット使わざる得ないだけやで。
10 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
クレカより手数料多いんだろ
店には嫌われる
デビットカードで通そうとして「カードが使えませんw」とか言って笑うし
12 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
海外のホテルだとvisaデビ使えなかったな
13 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
デビッドが最強やな
結局クレカは支払いズレが起きて困る
急な出費って割と起きるからな
20 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>13
>結局クレカは支払いズレが起きて困る

え?後ろへズレるだけでしょ なんで困るの?w
205 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>13
急な出費に対応しやすいのはむしろクレカの方じゃないか?
14 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
いやクレジット最強だろ
還元されるし時間を金で買う的なサービスも受けられる
16 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
クレカは借金
デビットは預金引き落とし
764 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>16
「クレカは借金
デビットは預金引き落とし」
名言過ぎる。
以後使わせていただきます。
771 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>764
クレカは借入金
デビットは現金払い
774 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>771
借入金はおかしい、クレカは掛け取引だな
784 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>774
買掛金は負債勘定
18 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
Apple Payもそろそろデビカ対応になるでしょう
191 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>18
Appleペイはデビットカードに一部対応してるよ
23 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
デビットカードは返金対応が時間かかる、不正利用の時もいきなり引き落とされるのが嫌
124 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>23
これ
24 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
自分でかざして終わる電子マネーが最強だろ
クレカもデビットも相手に渡さなきゃならんから
26 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>24
これな
25 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
デビットカード意外と使えない所あるけどね
27 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
一回払いでも引き落とし額を通帳残高から仮想的に引き落とした時の表示を設定ができればいいんだけどね
そういうのやる人は最初からカードを使いすぎにしないかw
28 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
ネット通販、各種会費支払いでも使えるの?
54 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>28
ネット通販は大抵使える、各種会費は物によるんじゃねーか、使ったことないから知らんが
30 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
デビットカードは不正利用に弱い
不正に使われても被害届けすら出すことはできない
703 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>30
不正利用の被害者が自分だからね
クレカだと店、クレカ会社を巻き込めるけと
34 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
口座直結してるカードなんか怖くて使えねーよ
39 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>34
だから少額にしておくんだろ
41 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
クレカでええやん。
わざわざデビット作るメリット無いし。

クレカ作れない枠の人用だろ、あれ。
117 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>41
それこそデビッドでいいじゃん
クレカなんて日常の金の管理が出来ない証明みたいで馬鹿だろ

現金で払いたくないなら電子マネーで払えばいいし、言い訳にもならないな
553 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>117
>クレカなんて日常の金の管理が出来ない証明みたいで馬鹿だろ
逆じゃね?
日常の金の管理が出来ないやつがクレカ使うとろくなことにならんよ
554 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>553
実際のところ口座残高気にするような奴にはクレカは合わないだろうな
42 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
即時決済だから
与信がいらない分、
クレカより店側手数料が安くできる
46 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
デビット:前払(信用無し)
クレカ:後払(限度額まで信用有り)

デビットは金貸せない貧乏人向けカード
クレカは金貸せる信用有る人向けカード
550 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>46
前払いっておかしくね?
53 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
クレジットは保険あるけどデビットはないだろ
204 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>53
あるよ
830 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
ある通販で急にデビット使えなくなった
「デビット利用できません」て書いてあったけど今まではずっと使えてたのに
846 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
学生時代はキャッシュカードについてるデビット支払いしてたけど、
社会人になってからはクレカだわ
853 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
デビットはクレカみたくポイントつかないんでは?
857 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>853
まー、ソレもあるし、クレカには保険や道路サービスが付帯してる事も多い支那
クレカを使わない理由が無い
864 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>853
キャッシュバックあるから無問題
884 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
デビットカードのメリットは

・使いすぎ抑制
・審査落ちた不要



つまり、管理能力無い人や、
ブラックリストの人向け


普通の人はクレカが良い
885 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>884
財布に大金入れてたりクレカ持ち歩くの怖いワイみたいな心配性の人間もおるぞ
いつもデビットに7万上限で持ち歩いてるわ
888 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
>>885
感情論まで入れたらキリが無い
デザインが~と同じ話


理屈では保険あるから
クレカもデビットも大差無いというか
クレカの方がむしろ楽

けど、気分的にデビットの方が
良いと思うのはあなたの自由
891 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
加盟店の費用負担ってクレカだと5%くらい負担してるみたいだけど
デビットだと銀行引き出し手数料程度の一律100円とか200円程度なのかね。
896 :以下、名無しにかわりまして金銀財報がお送りします
両方使い分けるが最強だろ
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク


このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


QRコード


QR


アクセスランキング



 |  未分類 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. 金銀財報( ゚∀゚)つ⑩
Powered by FC2ブログ.  template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.